BMW輸入中古車専門店アバンティー


ポリマー加工とは?

ポリマー

車の輝きをいつまでも長持ちさせるための長期塗装保護処理です。
年数経過でどことなくツヤがなくなったり、 ワックスを掛けても輝きがでない車はポリマー加工をする前に、 まず下地処理が必要になってきます。 (新車は基本的に下地処理は不要です。)
下地処理とは、塗装面に付着した鉄粉・酸化皮膜・小キズ等を ポリッシャーで磨いて、塗装面を新車時の状態に戻す作業です。
ポリッシャーで磨いた塗装面は、鏡のようになります(鏡面仕上げ)。
鏡面になった塗装を長期保護するのがポリマーです。
この一連の処理が「ポリマー加工」です。

ポリマー加工の利点

塗装を硬く強く!ポリマー加工は、塗装を硬く強くする加工です。塗装の酸化及び変色を防ぐので、新車時に加工しておくと塗装が長持ちし一番効果があります。新車以上の輝きを新車は新車以上にいつまでもきれいに、長年乗っている車も新車のような光沢が得られ、メタリック塗装、赤い色、濃い黒、青、白、すべての塗装に効果を発揮いたします。痛んだ塗装面でさえ新車の様に復元することができます。
滑らかな塗装表面!ポリマー加工は、ワックス皮膜では得られない、滑らかな鏡の様な塗装表面で、静電気によるチリ・ホコリの付着を減らします。車のお手入れが簡単に!処理後は水洗いだけでOK。
白色系の車は水アカ付着を減らし、付着しても簡単に落とせますので、新車時の輝きがいつまでも保てます。

ポリマー加工の施工時期

ベストな塗装を長い間維持し守るためには、少しでも早い段階でポリマー加工することが大切です。
是非お早めにお試しください!!

ポリマーとワックスの違いとポリマーの種類

ポリマーは「高分子化合物」で出来ているもの、「高硬度のガラス繊維」で出来ているものなどあり、長期的に塗装を守る保護材なのです。
ワックスは「カルナバロ」から出来ていますので持続効果は1〜2ヶ月くらいしか持ちません。
当社では、フッ素系ポリマーとガラス系ポリマーを使っています。
フッ素系は撥水性がよく、標準的なポリマーです。
ガラス系ポリマーは塗装を9Hの硬さに仕上げ、キズがつきにくいハードタイプのポリマーです。

このページのトップへ