事故車(修復歴車)の定義

日査協、中販連、公取協などの統一基準として修復歴車と定義されているのは、下記の部位を交換したり、あるいは修復(修正・補修)したものが修復歴車(事故歴車)となります。

クルマの基本骨格(フレーム)部位を交換あるいは修復した車両は、痕跡により価値の減価(価格落ち)が発生します。修復歴車は相場より割安なのが通例です。
@からGの骨格部位に損傷があるもの又は修復されているものは修復歴(事故歴)となります。
但し、ネジ止め部位(部分)は骨格とはしません。

Hは交換されており、かつ隣接する骨格部位に凹み、曲がり又はその修理跡があるものが修復歴(事故歴)となります。